2010年02月03日

がん治療用ワクチンの製造販売で大塚製薬と契約―扶桑薬品工業(医療介護CBニュース)

 扶桑薬品工業はこのほど、がん治療用ワクチンOTS102の製造販売に関するサブライセンスを付与する契約を大塚製薬と締結した。

 OTS102は、オンコセラピー・サイエンス(OTS)社が開発中のがん治療用ワクチンで、がん細胞が酸素や栄養分の獲得のために血管を伸長する血管新生を阻害することで、がん細胞の成長を阻む。

 OTS社では、既に膵臓がんを対象にしたフェーズ2、3試験を終了。現在、切除不能進行胆道がんおよび再発胆道がん患者を対象としたフェーズ2試験を実施している。扶桑薬品は2005年、OTS社から日本における独占的製造販売権の許諾を受けていた。

 今後はOTS社が引き続き開発を進め、扶桑薬品と大塚製薬が開発費を共同で負担する。上市後は、扶桑薬品と大塚製薬がそれぞれのブランド名で販売する。今回の契約に伴い扶桑薬品は、大塚製薬から契約締結に伴う一時金10億円のほか、マイルストンや上市後のロイヤルティーを受け取る。


【関連記事】
抗がん剤「ネクサバール」、因果関係否定できない死亡が7例
【中医協】院内がん登録など充実へ「評価」を検討
がん「患者必携」、5割超が「有料でもほしい」
野菜・果物の摂取量と前立腺がんリスクに関連なし
子宮頸がんワクチン、22日に発売―1000施設以上が採用の意向

関東甲信、大雪の所も=交通の乱れに注意−気象庁(時事通信)
桜井茶臼山古墳から見つかった鏡が照らす“卑弥呼の政権戦略”(産経新聞)
<臨時接種>規定見直しへ 新型感染症に備え(毎日新聞)
新幹線架線切断で原因調査=定期点検は異常なし−JR東海(時事通信)
妻を刺殺された夫、有力情報に懸賞金300万(読売新聞)
posted by スギハラ ハルオ at 15:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小沢環境相、新エネ割合10%以上に(産経新聞)

 小沢鋭仁環境相は28日の参院予算委員会で、今後の温暖化対策に関し、再生可能エネルギーの導入割合をマニフェスト(政権公約)で掲げた10%から引き上げる意向を明らかにした。

 民主党のマニフェストでは、「1次エネルギーの総供給量に占める再生可能エネルギーの割合を2020年までに10%程度の水準まで引き上げる」と明記した。

 これに関し、小沢環境相は「さらにもっと上回った数字を目標数値にしたいと思って内部で検討している」と説明。デンマークのコペンハーゲンで活用が進む廃熱の再利用など具体的な事例を示した上で、「(廃熱の利用など)そういったところも入れてできる限り、高い数値を目標にしたい」と目標を引き上げる意向を示した。

 また、温暖化対策による国民負担についても「3月の(地球温暖化対策)基本法を発表する時に、併せて発表し国会の中で議論したい」と述べた。

【関連記事】
25%削減 国民への説明が足りない
課題山積の米倉経団連 成長戦略、民主党との関係  
投資で地球貢献、広がる環境投資ファンド
生活重視 逃げる製造業 政策嫌気 海外移転に拍車
住宅版エコポイント 改修もOK 景気浮揚狙う

日医会長選に京都府医師会長が立候補へ 近畿6府県で推薦予定(産経新聞)
ひな人形作り 埼玉県越谷で最盛期に 小ぶりな人形が人気(毎日新聞)
社民党 幹部ポスト3日空席、「党首の調整不足」の批判も(毎日新聞)
「清水の舞台」でも放水訓練 文化財防火デー(産経新聞)
石川知裕議員 自身の事務所費でも聴取 逮捕容疑以外で初(毎日新聞)
posted by スギハラ ハルオ at 06:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。