2010年03月02日

城井崇

城井 崇(きい たかし、1973年6月23日-)は日本の政治家。民主党所属の衆議院議員(2期)。人物・経歴福岡県北九州市門司区出身。福岡県立門司高等学校を卒業後、2年間の浪人生活を経て、京都大学総合人間学部に進学。1998年に京大卒業後は松下政経塾に入塾し、3年間学んだ。修了後2001年から後述の選挙前まで、後に民主党代表となった前原誠司衆議院議員の秘書を務めた。2003年11月9日の第43回衆議院議員総選挙では福岡県第10区から出馬。当時自民党に属していた自見庄三郎に敗れるが比例区から復活し初当選を果たした。2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙では自見が郵政民営化法案に反対し、自民党から公認を得られなかった。そしていわゆる「刺客」として西川京子が送り込まれた結果、三つ巴の厳しい選挙戦を強いられ自見ともども落選。落選後は党県組織の幹部として党勢の立て直しに努めつつ、国政復帰を目指して活動を続ける一方、かつて選挙でともに苦杯を嘗め、その後第21回参議院議員通常選挙で当選した自見(現在は国民新党副代表)の支援を受けている。2007年の北九州市長選挙では、党所属の衆議院議員だった北橋健治の市長当選に尽力。2008年9月、過去2回と同じく福岡10区での公認が決定。北橋の選挙区だった市の西半分・9区の候補が1次公認を得られなかったという厳しい状況の中での公認獲得だった。翌年の第45回衆議院議員総選挙には、国民新党の推薦を受けて立候補。西川に雪辱を果たし、4年ぶりに衆議院議員に返り咲いた。2006年にTVQ九州放送のアナウンサーだった加治屋朋子と結婚した。娘が一人いる。関連項目ホームエンタテイメント議員連盟外部リンク民主党 きいたかし(城井崇)のホームページ 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%8E%E4%BA%95%E5%B4%87」より作成カテゴリ: 衆議院議員 | 民主党の国会議員 | 福岡県選出の国会議員 | 北九州市出身の人物 | 1973年生 | 存命人物隠しカテゴリ: 日本の政治家関連のスタブ項目

石川議員逮捕 任意聴取拒否 逮捕当日に一転(毎日新聞)
朝青龍は不在、成田山新勝寺で豆まき(読売新聞)
地下鉄エスカレーターで転倒、数十人折り重なる(読売新聞)
<ガンブラー>東京芸術劇場のサイト感染 完全復旧まで閉鎖(毎日新聞)
<新潟水俣病>和解へ国と初の事前協議 阿賀野患者会(毎日新聞)
posted by スギハラ ハルオ at 10:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。